【フリーコードキャンプを日本語で解説!Set Default Parameters for Your Functions】フリーコードキャンプを日本語で解説!

フリーコードキャンプ

おいーす、もりたけです。

フリーコードキャンプを日本語で解説!の第117弾です。

JavaScript Algorithms and Data Structures Certification (300 hours)の中の、

Introduction to the ES6 Challengesの中の、

Set Default Parameters for Your Functions

です。

さっそく見ていきましょう。

まずは本文から。

In order to help us create more flexible functions, ES6 introduces default parameters for functions.

Check out this code:

const greeting = (name = “Anonymous”) => “Hello ” + name;
console.log(greeting(“John”)); // Hello John
console.log(greeting()); // Hello Anonymous

The default parameter kicks in when the argument is not specified (it is undefined). As you can see in the example above, the parameter name will receive its default value "Anonymous" when you do not provide a value for the parameter. You can add default values for as many parameters as you want.


Modify the function increment by adding default parameters so that it will add 1 to number if value is not specified.


 

 

解説していきます。

今回は関数のデフォルトパラメータについてです。

このコードを見てみてください。

const greeting = (name = “Anonymous”) => “Hello ” + name;
console.log(greeting(“John”)); // Hello John
console.log(greeting()); // Hello Anonymous
このように引数が指定されていない場合デフォルトのパラメータが使われています。
このデフォルトパラメータは何個でもつくれます。
では課題を見てみましょう。
関数incrementを変更して、引数が指定されていない場合にnumberに1をデフォルトで足すようにしろ。という課題です。
このコードではnumberにvalueを足しているので、valueのデフォルトの値を1にしてあげれば良さそうですね。
答えはこうです。
const increment = (number , value = 1) => number + value;
console.log(increment(5, 2)); // returns 7
console.log(increment(5)); // returns 6
という事で今回はパラメータのデフォルト値について学びました。
では次回!
タイトルとURLをコピーしました