エクアドルのキトからペルーのリマまで安く移動する方法。

世界一周

おいーす、もりたけです。

 

エクアドルのキトからペルーのリマまでバスで移動しました。

リマからキトまでの情報はたくさんありますが、逆は少ないのでこの記事を参考にしてみてください。

 

移動方法

この区間はエクアドルの南の町を経由していけばルートは無限に作ることができます。

 

僕が探したところ、キト→グアヤキル→リマと移動している人が多いなと感じました。

このルートだと最低でも80ドルくらいかかるので僕はパスしました。

 

他にも、最近新しくキトからリマまで直行便?(もしかしたら乗り換えが必要かも)が出ていて、一枚のチケットでいけるのですが、100ドルと高く一週間に一度しか出ていないのでパスしました。因みに運行会社は日本人に人気のクルス・デル・スールです

こちらで出発日をチェックしてみてください。

 

他にもキト→クエンカ→チクナヨ→リマなど途中の町を小刻みに移動する方法もあります。

もっと小刻みに移動もできるので、行き方は自分次第で何通りも作れます。

 

 

僕が行った方法はキト→ロハ(Loja)→ピウラ(piura)→リマというルートです。

僕はなるべく安く、早く移動したかったので途中の町では一泊もしてません。夜行バスに3日連続で乗りました。

※僕は3泊4日かかりましたが、バスに乗るタイミングをうまく合わせれば2泊3日でもいけます。

この方法で移動すれば移動費は18ドル+14ドル+50ソル=約47ドル(約5200円)で済みました。

途中で自分で食事を取らなくてはいけないですが、食費込みでも60ドル以下に抑えれるので安く抑えたい僕にはうってつけでした。

 

しかし、このルートだと時間がかかるのが難点です。

時間かけても良いからなるべく安く行きたいかたは参考にしてみてください。

 

以下からキト→ロハ(Loja)→ピウラ(piura)→リマの行き方を説明してきます。

キトからロハ

キトからロハ行きのバスはキトゥンべ(quitumbe)駅から出ています。

このターミナルはいくつもの会社が入っているのですが、僕が調べたところロハ行きは、66、67番のSANTAという会社と59、60番のLOJAという会社しかありませんでした。

SANTAは18ドル、LOJAは21,5ドルだったので安いサンタを選びました。

※追加でターミナル使用料10セントかかります。

 

LOJAは高い分お菓子と水がついて来ます。

 

出発時間はLOJAは朝10時から出していて、SANTAはお昼から出しています。

二つの会社を合わせると1日に15便以上出ているので当日券で大丈夫かと思います。

 

僕は夕方にターミナルに着き、8時40分発の便を選びました。

もっと早くきてSANTAの16時や18時とかLOJAの17時や18時15分発のバスに乗っていれば、ロハでバスの待ち時間が少なくなるので2泊3日でリマまでいけます。

 

バスはこんな感じでワイファイ、トイレがついてました。

9時に出発し途中でアンバトという町で他の乗客を乗せノンストップでロハまで向かいました。

到着時刻は朝の8時過ぎだったので、11時間くらいかかりました。

 

ロハからピウラ

ロハのここに着き、同じターミナルで国境行きが出ています。

 

ターミナルの中にはたくさんの会社が入ってますが、ピウラ行きはLOJA社と一番右の会社だけです。

値段はどちらも同じで14ドルでLOJA社は夜11時発だったので、LOJA社にしました。

LOJA社は朝の7時にも出しているので、7時前につければすぐにピウラ行きのバスに乗れます。

なのでロハを観光する予定がない人はキトを18時にでて朝5時にロハに着き、2時間バスターミナルで時間を潰して、朝7時の便に乗るのがオススメです。

 

僕はそれを知らなかったので用のないロハに16時間も滞在してました。

幸いLOJA社には荷物の預かりサービスがあったので観光する時はサブバックのみ持ち歩いてました。

 

ロハのバスターミナルは改札を通る時に10セント硬化が必要です。

なければインフォメーションで細かくしてもらえます。

 

出発の15分前に乗り込み、時間通り11時に出発しました。

バスはワイファイはあるのですが、スタッフがパスワードを忘れた為使えませんでした。

トイレは鍵がかかっていて使えませんでした。

 

午前3時前に国境について手続きをしました。

エクアドルの出国はこの紙を記入してパスポートと一緒に渡せばオッケーです。

ローカルの人たちはこの紙以外にもなにか配られていました。

 

スタンプをもらったら橋を歩いて渡ってペルーのイミグレへ向かいます。

 

ペルーのイミグレでは指紋と写真をとられました。

 

国境の手続きはどちらの国も対応者が一人づつしかいなく、かなり時間がかかります。

イミグレ周辺では両替商もいなければ小さな売店もないので暇でした。

 

再出発したのは朝4時前でした。

そして、6時40分にピウラへ到着しました。

 

因みに、もし朝7時のバスに乗っていれば単純計算で午後3時前に着く事になります。

ピウラからリマ

ピウラの到着場所はここです。

この周辺にはたくさんのバス会社があってリマ行きが出ています。

8時ごろからカウンターが開き始めます。

色々聞いてまわりましたが このバス会社が一番安く、50ソルでした。

※安かろう悪かろうの世界なので安いほどクオリティが下がります。

 

支払いはキャッシュオンリーなのでATMでおろしました。

Banco de la Nationという銀行は手数料がかからないのでおすすめです。

徒歩15分くらいの場所にあります。

 

因みにこのスーパーマーケットの入り口でSIMカードを購入しました。

8日間、1200メガバイトで価格は15ソルでした。

5ソルの登録料?+10ソルのSIMカード代です。

 

バスの出発時間ですが、3時以降から8時ごろまで毎時間出ています。

※うまくバスを乗り継げばここで追いつきます。

 

僕は3時半出発の便に乗りました。

バスはこんな感じです。ワイファイはなくトイレはありました。

安いバスだったので車内の食事はなく6時に食事休憩が30分ありました。

 

朝7時半にプラザノースという場所に到着し、

8時半に最終地点のここに着きました。

 

バス会社によって到着場所は違うのでチケットを購入する前に確認しましょう。

 

 

僕が予約していたホステルは『inkakusi backpacker’s hostel』というホステルで、安く立地がいいのでおすすめです。

空きベッドがあったので、チェックイン前にベッドが使えました。

予約はこちらからどうぞ

【Booking.com】
最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

 

参考になれば幸いです。ではでは。

 

こちらの記事も読んで見てください。

知らないと損!旅先の宿代を安くする裏技を公開!
おいーす、もりたけです。 世界一周をしてて思ったんですが、旅にかかる費用の25〜35%は宿代です。以外に多くないですか? そんな旅にはかかせない宿代を安くする裏技をご紹介します。 日本でも海外でも使える裏技で、4%...
リマからクスコへのバス移動方法。コスパ最強のバス会社はどこ?
おいーす、もりたけです。 ペルーのリマからクスコへバスで移動しました。 コスパが良さそうなMovil busという会社を利用したのですが、正直あまりオススメできません。 移動の流れとオススメのバス会社を紹介します。...
タイトルとURLをコピーしました