【ワーホリ】現地で語学学校に通った方がいいかどうか

ワーホリ

おいーす、もりたけです。

 

ワーホリで韓国、ニュージーランド、オーストラリアに渡航経験のある僕が、現地で語学学校で通ったほうがいいかどうかについて考えてみました。

 

結論から言うと、通った方がいいです。

 

ではなぜそう言う結論にいたったかを説明していきます。

 

そもそもワーホリの目的は?

正直、ワーホリの目的次第では通わない方がいい場合もあります。

ここでは

『ワーホリで充実した生活を送り、ある程度貯金して日本に帰りたい。』

という目的の人を対象にしています。

こう言った方たちは現地で仕事をすることになるかと思いますが、仕事探しにおいても学校に通っていた方が有利に働きます。

 

ワーホリビザで1年間ずっと旅行したい人とかは通う必要は一切ありません。

語学学校に通うメリット・デメリット

通うべきかどうかを判断するために、通うメリットとデメリットを考えて見ました。

メリットの方が大きければ通うべきだし、デメリットの方が大きければ通うべきではないですよね。

人によっても感じ方が違うと思うので、自分でもメリット・デメリットを考えて見てください!

語学学校に通うメリット

語学学校に通うメリットは語学が上達するだけではありません。

パッと思いつくメリットは

・英語が上達する

・友達(知り合い)ができる

・学校生活が楽しい

・レジュメ(履歴書)を添削してもらえる

の4つですが、友達ができるというのがめちゃくちゃ重要です。

基本的にワーホリで行く国には知り合いは一人もいないと思います。なので、語学学校に行き、知り合いを作れるメリットはかなりでかいです。

さらに、語学学校は授業だけでなくアクティビティでBBQパーティーをしたりしてるので、単純に学校生活が楽しいので充実した生活を送れます。

そして、履歴書を添削してもらい仕事を探す際に有利になります。

 

語学学校に通うデメリット

僕が思いつくデメリットは

・働ける期間が短くなる

・以外に英語は上達しない

・お金がかかる

の3つです。

基本的に学校に通いながら仕事はできないので、1年の内3ヶ月通うだけでも働ける時間が4分の1も減ってしまいます。

そして、英語は思ったよりも上達しません。特にほとんど喋れない人は喋れないまま終わる可能性が高いです。

さらに、語学学校はやっぱり高いです。なるべく出費は避けたいですよね。

総合的に考えて

やはり語学学校に通って友達を作れるのがでかいです。

学校に通わないと、友達ができる場所はシェアハウスか職場だけになる人も少なくありません。

最初の仕事が見つかっていない時に学校に通って友達を作れば、その友達から仕事を紹介してもらえたりする事もあります。基本的に仕事は人からの紹介の方が見つけやすいです。

 

ただ、やはりデメリットとしてお金がかかったり、働く期間が短くなるのは痛いです。

 

なので、メリットを取りデメリットをなるべく小さくするために、

短期で語学学校に通うのがオススメです。

2週間〜1ヶ月通えば十分かと思います。

 

こうすれば、学校に通って友達はできるし、長くいないのでお金もほとんどかかりません。

 

 

実際、僕は韓国に行った時は3ヶ月語学学校に行ったのですがちょっと長いなと感じました。

あんまり長くいても新しい友達はできなく、1ヶ月で十分だなと感じました。

逆に、ニュージーランドとオーストラリアでは全く通わなかったのですが、最初の友達がいない時期は全然楽しくなくて辛かったです。

 

結論

 

友達作りのために2〜4週間だけ通うのがベスト。

 

ちょっとでも学校に通おうかなと思った方は留学エージェントに相談するのが一番いいと思います。

最近は手数料無料で学校を紹介してくれるエージェントがあるみたいですね。

手数料無料の留学エージェント【Global Dive】

僕が行った頃はお金を払って紹介してもらい、さらに語学学校にも多額のお金を払うのが当たり前だったので通いませんでしたが、今なら絶対に通ってます!

 

参考になれば幸いです。ではでは。

 

↓もしよければこちらも読んで見てください

知らないと損!ワーホリで仕事を見つけるのに大切な事3つ。
おいーす、もりたけです。 韓国、ニュージーランド、オーストラリアでそれぞれ一年づつワーホリをした僕が、ワーホリ中に仕事をゲットする上で大切な事を教えます。 これからワーホリに行こうと考えている人は必見です。 ...
【知らないと大損】ワーホリの保険費用を格安・無料に抑える方法
おいーす、もりたけです。 韓国、ニュージーランド、オーストラリアの3ヶ国にワーホリに行きました。 当時の僕はワーホリに行く前に日本で保険会社と契約して、多額の金額を払い保険に入っていました。 韓国の時は約15万円。...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました