コスタリカのサンホセからパナマシティへ陸路で行く方法。

世界一周

おいーす、もりたけです。

 

サンホセからパナマシティにバスで移動したのでその情報をシェアします。

ローカルバスを使っても、TICABUSを使っても料金はそこまで変わらないみたいなのでTICABUSを使いました。

乗り継ぎがないのでとても楽です。

 

参考にしてみてください。

チケットの予約

バスチケットはTICABUSの乗り場に行くか、ネットで予約できます。

乗り場はここ

ネットで予約する方はこちらからどうぞ

 

料金は昼の12時発の場合42ドル、夜の11時55分発の場合58ドルです。

夜出発する便はグレードの高いバスで、座席が良かったり、食事がついてくるみたいです。

どちらもトイレやWIFIはついてるので僕は安い昼の便を利用しました。

サンホセから国境

昼の12時出発ですが、45分前にはターミナルにいるように言われました。

1時間前に到着しカウンターで、入国税の支払いをしました。入国税は8ドルです。

お釣りもドルで返ってきました。

 

そして、入国の際に必要になる関税の記入書をもらったのでそれを書いて待ってました。

バスターミナルではスペイン語表記のものしかありませんでしたが、イミグレ前には英語バージョンもありました。

写真だとちょっとみづらいので文字に起こしておきます。

1名前 2苗字 3性別 4出身国 5生年月日 6生まれた国 7ドキュメントの種類 8ドキュメントの番号 9ドキュメントが発行された場所 10発行年月日 11居住国 12職業 13起点の国 14この旅行で訪れた国 15最終地点の国 16パナマで滞在する住所 17滞在期間 18一緒に旅行している家族の人数 19移動方法 20旅行の目的 21最後に訪れた日 22入国場所 23バス会社の名前 24車のナンバープレート 25〜32植物や肉を持っていないか 最後サインと日付

補足:7は基本的にパスポートです。 13はcostaricaで大丈夫でした。 14は国数を書けば大丈夫でした。5とだけ数字を書きました。 15はcolombiaで大丈夫でした。 16は予約したホステルの名前で大丈夫でした。 21は初めての入国なので空欄で大丈夫でした。 22はpaso canoasらしいです。 24は空欄で大丈夫でした。 25〜32は全てNOにしないと多分ダメです。

 

記入を終えて12時になってもバスに乗りこめず、結局出発は15分遅れの12時15分でした。

バスはこんな感じ

4時45分に休憩があったのでご飯を食べました。

これで6ドルです。高すぎるので果物とかビスケットを用意しておくといいかもしれません。

5時15分に再出発しました。

 

そして6時45分に国境へ到着。

国境

コスタリカの出国は一瞬で終わります。ほぼ並ばずにすみました。

そして歩いてパナマのイミグレまで向かいます。5分くらいで着きます。

この建物の中で入国手続きを行います。

パスポートにスタンプを押してもらった後に、荷物検査がありました。

バスの荷物を取り出して、X線で調べられます。この荷物検査の時にバスに乗る前に記入した紙を提出します。

 

無事に荷物検査を終え7時40分に再出発しました。

因みに、パナマの通過はアメリカドルを採用しています。コインだけパナマ専用の貨幣がありますが、お札は全てアメリカ全く同じです。

国境付近で両替商がいるので必要であれば両替をしましょう

国境からパナマシティ

国境からパナマシティまでは一度だけ休憩があります。

ただ、11時45分とすでに遅い時間だったので僕は何も口にせずにそのまま寝ました。

そして、3時45分にパナマシティに着きました。

着いた場所はここです。

かなり大きいバスターミナルです。

フードコートが北のほうにあるのでそこで時間を潰してました。

パナマシティからホステル

ローカルバスに乗ってホステルのある街まで移動しました。

パナマはバスに乗るのにICカードが必要なのでそれを購入します。

画面一番上のオレンジ色のボタンを押せば購入できます。新しいカードは2ドル。

僕は購入した後は機械ではなく、人がいるカウンターに行ってチャージしました。

とりあえず2ドルだけチャージしましたが、それで十分でした。

 

街まで出ているバスを探すのにかなり苦労しました。

ホステルの近くのバス停の名前を運転手に言って確認してから乗り込みました。

バスの値段は25セントと安いです。しかも40分以内の乗り換えは無料なので、とりあえず乗ってみるのもありかもしれません。

そんなギャンブルはしたくない人は、色んな人に聞いて正しいバスを探すのがいいかと思います。

 

因みに泊まったホステルは『Norita’s hostel』です。

チェックインが1時からで1時前はリビングで休憩するのもダメでした。

なのであまりオススメはできません。

 

参考になれば幸いです。ではでは。

コメント

  1. Shiho より:

    初めまして、Shihoと申します、今月末から中南米1周を企てており、
    下調べしていてこちらの記事にたどり着きました。
    コスタリカからパナマへ陸路入国の際、出国チケットの提示は求められませんでしたでしょうか?日付が今年なので最新状況お聞きできると思いコメントさせていただきました、お手数ですがお教え頂けたら幸いです。

    Shiho

    • もりたけ より:

      初めまして。
      僕が移動した時はコスタリカでチケットを購入する時(TICABUSのスタッフ)にパナマ出国のチケットを持っているか尋ねられました。
      その情報がイミグレに伝わっていたかは不明ですが、イミグレでは何も尋ねられませんでした。
      しかし、他の乗客でチケットの有無を聞かれている人もいたので、チケットは用意するのが無難かと思います。

      他にも何か不明な点があれば気楽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました