知らないと損!ワーホリで仕事を見つけるのに大切な事3つ。

ワーホリ

おいーす、もりたけです。

 

韓国、ニュージーランド、オーストラリアでそれぞれ一年づつワーホリをした僕が、ワーホリ中に仕事をゲットする上で大切な事を教えます。

これからワーホリに行こうと考えている人は必見です。

 

結論から言うと以下の3つが重要です。

・語学力

・スキル

・人脈

 

では順に、解説して行きます。

語学力

当たり前ですが、語学力はめちゃくちゃ大事です。

仕事を探す時だけでなく、住む場所や観光する上でも必要になるので、できるだけ話せる状態になってからワーホリに行く事をお勧めします。

 

それぞれの国で具体的に例を挙げて見ました。

 

韓国

僕は高校卒業してすぐに韓国にワーホリに行ったのですが、仕事を探せるような状態ではありませんでした。

語学学校に4ヶ月通い、ちょっと喋ってる内容がわかるかな?というレベルになってようやく仕事を探しはじめました。

結果的に、明洞のモスバーガーで働いてました。モスバーガーは日本のメーカーで、日本人を試験的に雇っていたからです。

ちなみに、その後バリバリのローカル居酒屋でも働いていたのですが、意思疎通できずにクビになりました。

韓国は日本食レストランなどは少ないので喋れないと仕事を見つけるのはかなり厳しいです。

ニュージーランド

ニュージーランドにはフィリピンのセブ島で語学留学をしてから行きました。

ある程度の英語は話せたのですが、やはり流暢には話せないのでローカルの仕事はゲットできませんでした。

日本食レストランだと比較的容易に仕事はゲットできますが、それだと日本でバイトすればよくないですか?わざわざニュージーランドに来たのだから、ローカルの仕事をゲットしてローカルの人と友達になった方が絶対に楽しかったと後悔しています。

どうしてもローカルの仕事がゲットできない場合はアジア系の仕事を狙いにいくのがお勧めです!

オーナーがネイティブじゃないので英語ができなくても理解してくれるし、従業員に日本人はほぼいないので英語学びながら働く事ができます。

 

オーストラリア

オーストラリアにはニュージーランドからそのまま行ったのですが、英語は日常会話ならバッチリという状態でした。

ローカルのレストランでも働くことができました。ファームでも働いてたのですが、外国人と日本人の比率が8:2という状態の場所で働けました。

もちろんどちらもボスは日本語ができないので面接も英語だし、仕事内容の指示も英語です。

それでも特に問題はなく楽しく働けました。意思疎通ができればオーナーとも仲良くなれるので働いていて楽しかったです。

 

 

語学力が重要な事は分かっていただけたと思います。

では、いかに語学力をあげるか?

 

これは、経験を積むのが一番早いです。ワーホリに行く前にフィリピンなどに語学留学するのがお勧めです。

僕はニュージーランドに行く前に3ヶ月セブ島で語学留学してましたが、それがなければ下手してたら仕事が見つからなく貯金がつきて日本に帰ってたかもしれません。

正直、日本で独学してもあんまり伸びません。なぜなら、実践の場が少ないからです。フィリピンに行けばレストランでの食事のオーダー、買い物、観光、全てが英語です。

そして留学すればのちに出てくる人脈というのにも関わって来ます。

ワーホリに行く前に是非語学留学を検討してみてください。

 

もし、語学留学に行く時間がないという方はオンライン英会話で少しでも英語になれておくべきです。下記のQQEnglishはカランメソッドという英語脳をつくる授業が受けれるのでオススメです。

QQ English Official English Club & Community好評開催中

スキル

日本で仕事を探す時も同様ですが、前職でなにをしていたかというのは面接の際にみられると思います。

元々農業関係の仕事をしていた人が金融関係の仕事に転職するのは簡単ではありません。

 

もちろんワーホリで仕事を探す時も同じで経験がある人を採用したがります。

 

では、今、事務の仕事をしてるから、ワーホリで事務の仕事を探せば良い!!

というのは間違いです。

 

ワーホリは基本的に1年しか働く権利がないので、短期で辞められたら困る仕事はなかなか受かりません。そもそもビザの段階で弾かれます。

 

そう、つまりワーホリは働ける職種がある程度限られて来ます。

 

ワーホリを募集している仕事は主に

・ホテル関係

・飲食関係

・旅行関係

・ファーム

他にも建設業や美容関係、育児関係、ドライバーなども募集されてます。

 

未経験でも雇ってくれるのはホテルベッドメイキングやウェイター、ファームなど。

逆に未経験NGなのは、ツアーガイド、ホテルのレセプション、美容師などです。

 

未経験でも大丈夫な仕事は給料をちゃんと払ってくれなかったりします。

経験がないと足元を見られます。

因みに、シドニーのラーメン屋のほとんどはちゃんとした給料を払っていません。

 

ではどうすれば良いかというと、日本で働いて経験を積む。

これがベストです。

レストランのキッチンハンドで働きたければ、居酒屋のバイトをするとか。

ホテルのレセプションで働きたければ、ホテルで働くとか。

 

3ヶ月この経験があるだけでめちゃくちゃ優遇されます。

そこでオススメなのが、リゾートバイト

地方のリゾートホテルなどで働いて経験を積んでからワーホリに行くのがオススメです。

ホテルにはレセプション、レストラン、ベッドメイキングとワーホリをこれからするなら持っておきたいスキルを学べます。しかもちゃんと時給でもらえます。

オーストラリアのベッドメイキングは「一部屋綺麗にしたら$20」のような半時給制度になってるところが多く、未経験者は一部屋にめちゃくちゃ時間がかかるので、1日中働いて$50しかもらえないなんて事もざらです。

 

さらに、リゾートバイトのいいところは短期間でも雇ってくれる事です。

ワーホリに行く前の3〜6ヶ月だけ働きたいという要望にも答えてくれます。

 

リゾートバイトの質問は下記からどうぞ。

とりあえず自分の伸ばしたい職種があるか聞いてみるといいと思います。

会社によって扱っている仕事が違うのでとりあえず聞いて見ましょう!

リゾートバイトならアルファリゾート!
リゾバ.com
ハッシャダイリゾート
貯金するならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!

 

ちなみに、留学エージェントもワーホリ前のリゾバをオススメしています。

とりあえず行きたいけど何から始めたらいいか分からない人はエージェントの利用がオススメです。

手数料無料の留学エージェント【Global Dive】

人脈

実はこれが一番大切です。

英語もできないしスキルもない。そんな人も働ける仕事は実はたくさんあります。

例を挙げると、日系工場スタッフ、ローカルレストランの皿洗い、稼げるファームなど。

しかし、そういう仕事はわざわざネットで募集しなくても、友達の紹介で人が見つかっちゃうので、一般には出回りません。

 

ではどうすれば良いか?

友達(知り合い)をできるだけ増やすことです。

 

主に友達は学校、職場、シェアハウスでできるかと思います。

が、その国についた後だとちょっと出遅れています。

 

そこでオススメなのがワーホリに行く前に語学留学に行く事。

先ほど、語学力がないなら留学しろとオススメしましたが、留学の真の価値はそこで人脈を作れる事にあると思っています。

 

実際に僕はセブ島で2016年に3ヶ月留学してましたが、そこで出会った人にオーストラリアで仕事を紹介してもらってます。日系工場で給料良い、待遇良い、仕事楽しい。と文句なしの職場でした。ここはスタッフを4人しか雇っていなく、離職率も低いので普通に探すのはまず無理でした。

これは結構ある話で、先にワーホリに行った人からの紹介で仕事をゲットする人は多いです。

そして、一旦フィリピンに行ってからワーホリに行く2カ国留学をする人はめちゃめちゃいます。留学エージェントもそれを推奨してるので、語学留学にいけばまず間違いなくワーホリに行く人と繋がれます。

なので、これからワーホリに行く人と友達になるためにも語学留学はオススメです。

 

そして、リアルでの繋がりをオススメします。

残念な事に、英語が喋れない日本人を騙してお金儲けをしようとしてる人が結構います。

ネットで知り合った人からの紹介でファームに行ったら仕事がなかったなんて話をたまに聞きます。

特にファームはあたりハズレが大きいので、リアルの知り合いからの情報のみを信じた方がいいです。

まとめ

語学力は大切。留学に行くべし。

スキルも大切。リゾバでスキルを身につけるべし。

人脈も大切。留学に行って、信用できる友を作るべし。

 

参考になれば幸いです。

ではでは。

 

こちらの記事もオススメです。

【知らないと大損】ワーホリの保険費用を格安・無料に抑える方法
おいーす、もりたけです。 韓国、ニュージーランド、オーストラリアの3ヶ国にワーホリに行きました。 当時の僕はワーホリに行く前に日本で保険会社と契約して、多額の金額を払い保険に入っていました。 韓国の時は約15万円。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました