【最終回】⑤ニュージランドのブラック企業がまさかの結末へ【ワーホリ】

ワーホリ

おいーす、もりたけです。

 

前回の続きです。

④ニュージーランドのブラック企業と完全決着!?【ワーホリ】
おいーす、もりたけです。 前回の続きです。 あらすじ ブラック企業にはいりすぐ辞める。未払金があったので請求すると、無視されたので調停をすることに。 しかし、その調停も無視され、ERAという裁...

 

めっちゃ簡単なおさらい。

ブラック企業に入り、辞めたは良いものの給料をちゃんと払ってくれない。

そこで、未払金を請求するが無視される。ERAという裁判みたいなものを申請するが、却下され調停という第三者を交えた話合いをすることに。しかし調停は法的拘束力がなくまたも無視されてしまう。

 

オーナー降臨

前回、調停ができずにその結果を僕とオーナーの両方にメールを送っていましたが、オーナーがそれに対して返事をして来ました。

I would like to report you that My partner simply misunderstood that the mediation was to start at 1.30pm. In fact he has emailed △△ saying he would attend at 3.30pm. Since there was no reply from her he presumed it was fine and went at 3.30pm. I understand she is no longer working so that is why we did not hear back from her. Our intention is not to delay this issue to be solved so we were also disappointed that we missed the opportunity to have the mediation meeting. Therefore could we please reschedule the mediation as soon as possible as we do believe that there is no good or positive outcome by delaying this matter. We look forward to hearing from you soon.
△△は調停のスタッフの名前

僕の訳↓

私の夫はただ単に調停の時間を勘違いしてました。実際、彼は△△に3時半に行きますと返事をしてて、それに返信がなかったのでそれで大丈夫だと判断してました。△△がもう働いてないのでメールの返信がなかったことはわかってます。私たちの目的はこの問題を解決するのを遅らせることではないので、いち早くもう一度調停の日程を決めていただきたいです。

 

どうやらスタッフが辞めたせいで開始時間を間違えたらしいです。

しかし、僕らは3時45分まで待っていたのに来ていないのでどちらにしても遅刻だし、言い訳が醜いです。

 

これに調停の人が返事をしました。

It is not usual that someone would attend 2 hours after the set start time for a meeting and expect it could still proceed.

But if the parties and the mediation service agree then I see no reason why a new mediation date cannot be convened.  In the absence of everyone agreeing  the Authority will decide what the next step is once it has received the statement in reply from 〇〇〇〇 which is due on 7 July.

〇〇〇〇は会社の名前

僕の訳↓

普通に考えて、開始時間の2時間後にに参加するのはおかしいです。

しかし、当事者たちと我々が合意すれば新しく調停を開きます。誰かが合意しない場合は〇〇〇〇の声明を受けた後ERAが次のステップを決定します。声明は7月7日までにしてください。

 

 

やっぱり客観的にみても奴らの行動はおかしいみたいです。

そして、僕は調停は無駄な時間だと思っているのでこれ以上の調停はしたくないと告げました。

 

7月7日が過ぎ、7月12日にメールが来ました。

We will contact you both again in the next few weeks to arrange a case management telephone conference call with Authority member ★★.  Mr★★ wants to talk to you about how he is going to investigate the application.

★★ will contact you when after gets back from leave on 24 July.

僕の訳↓

ERAのメンバー★★が電話会議の調整をするため、あなた達に数週間以内にまた連絡します。

★★さんはこの問題をどう進めればいいかあなた方と話したがっています。

★★は7月24日の休暇から帰ってきた後にあなた達に連絡することになります。

 

今休暇取ってる奴に仕事ふるなよ、、、と調停の方にも少し苛立ちましたが。。。

幸いにも、ERAの職員が出て来た!!これで僕にお金が支払われるのは時間の問題だ!

そう思っていました。

 

 

 

 

まさかの結末

7月24日になっても★★から連絡は来ることがありませんでした。

7月31日、ふと気になって以前NZdaisukiに投稿を見てみると、信じられない返事が付いてました。

この会社潰れちゃったみたいですね。

URL

他のスタッフには給料は払っていたんですかね。。

悪質なオーナーはどんどん処罰されるべきです。

 

へ?潰れた?貼ってあるURLに飛ぶと、その会社が破産処理?をしているページが出て来ました。

 

はあ、潰れただと?そんなことはない。結構客も入っていて順調だったはず。

きっと未払い金を払いたくがないがために一度潰して、もう一度すぐに新しい会社として始めるに違いない。クズの中のクズだなあいつらは。

そう思いこの投稿にはこう返しました。

今知りました。まだ僕の未払金は払われていなく、これからERAに進む予定でした。

おそらく未払金を払いたくないため、一度潰しただけです。きっと2〜3ヶ月もすれば会社名が変わって全く同じ奴らが働いてるかと思います。

 

 

そしてこの事をERAに尋ねることに。

I recently knew that 〇〇〇〇 are in liquidation.

Could you tell me how do we solve our problem ?

僕の訳↓

最近〇〇〇〇が清算手続き中だと知りました。

どうやって僕らの問題を解決すれば良いですか?

 

返ってきた返信がこちら。

As per section 248 of the Companies Act (attached) when a company is placed in liquidation a person must not commence or continue proceedings against a company or its property unless they obtain the permission of the liquidator or an order from the Court.

This means that the Authority cannot take any action against the company, and we are unable to progress your application. You can either pursue your claim directly with the liquidator, or ask the liquidator for permission to pursue your claim in the Authority. You may also apply to the court for an order to proceed.

僕の訳↓

会社法248条により、裁判所や清算人の許可なしに清算手続きの会社に手出しはできません。

よって私達ERAはいかなることもできません。清算人に直接交渉するか、裁判所に申請してこの問題の解決に取り組んでください。

 

クッソー。。。逃げられた。。直接交渉なんて今更無駄だし、裁判所に申請するには多大なお金がかかる。。。

やられた。

僕は悪いことを何もしてないのに、、、

奴らは法的な処置を取り法律から逃れて行きました。

完全敗北しました。

 

数日後

オーナーからメールが来ました。

今日、あなたのニュージーランド大好きの掲示板の投稿を知りました。まず初めに、私達の会社が倒産したのはあなたに支払いをしたくないと言う様な幼稚な理由では全くありません。もっと複雑な理由によって苦渋の決断をしなければならなかったので、本当は避けたかった結果です。メディエーションの件も、〇〇と△△の二人がクライストチャーチのオフィスに行きましたが、残念な事に開始時間を勘違いしていた為到着した時にはもう遅いと断られました。その事はメディエーションの担当者も承知しています。その為また次回のメディエーションのリクエストもしています。もっと早くに行えなかったのが残念です。最初に支払いの金額など合意できないかと直接話し合いをしたいと思いましたが、それを拒否されたのもとても残念でしたし、困惑しました。私達は支払わないと言う事ではなく、あなたの要求してきた金額に多少納得が行かなかった所があったので、その部分を話し合いで解決できないかと思い、私達もメディエーションに期待していました。会社が倒産という事になってあなただけでなく、従業員やその他の人達に迷惑をかけてしまう事となり、その責任はこれからも消える事なく、本当に申し訳ないと言う思いで一杯です。しかしながら倒産後、お店を売るという形でなく、手放すことになったため支払い能力も失ってしまいましたので、あなたの代理人から私達の倒産代理人へ問い合わせてもらうか、代理人に今後どうなるのか相談してもらうしかありません。今回の事は本当に残念です。働いていた時にお互いもっとコミュニケーションをとり話し合っていたらこんな結果にならなかったし、防げたのではないなと思っています。私達の倒産代理人の連絡先をお知らせしますので、よろしくお願いします。
こう返しました。
メディエーションの件ですが、あなた方には1度でなく2度も機会がありました。5月の20日にメディエーションに参加する事を決めたは良いが、具体的な日時をそちらが提示しなかった為最初のメディエーションは流れてしまいました。最初のメディエーションでなぜ日時を決めなかったのでしょうか。本当に今回の件を解決したかったのであればその時点で解決してるかと思います。そして2度目のメディエーションですが、3時に始まると勘違いしていた様ですが、その3時にすら間に合っていないのは何故でしょうか。メディエーションに積極的で無いとしか考え様がありません。そして僕は直接話し合う事を拒否していません。電話でのやり取りだと証拠が残らないのでメールでお願いしていただけです。あなた方が返信をしないので仕方がなくメディエーションの申請をして、それを今回の様に2度も参加しないとなると誰がどう判断しようとあなた方に支払いの意志がないと考えるかと思います。自分達の言い訳ばかり主張し、違法に人を雇っていた事について反省の色が見えず失望しています。あなた方にはオーナーとしての自覚が不十分で、人として何か足りない物があるかと思います。口だけで無く心の底から今回の件を反省し、責任を取って欲しかったです。
それに返って来たメール
あなたの言いたい事も理解できるし、今回の事は私を含め、〇〇、△△ともに反省しています。支払いの意志がないととられても仕方ありません。言い訳ではなく、最初のメディエーションは担当者の返信メールが私のところに来ず日時を決める期限が残念ながら過ぎてしまったためもう一度仕切り直しとなったのが事実です。2回目のメディエーションに3時にも間に合わなかったのはあきらかにこちら側の落ち度で、何故2人が遅れてしまったのか私も残念でなりません。当日の朝私はしっかりと話し合いをするため日本から担当者に連絡をし内容等の打ち合わせまで行ないました。〇〇も△△も必死にあなたに仕事を教えようとしていたのは私も知っていますが、初めに言った通り私達の落ち度、反省するべき点はあなたに言われずともしっかりと心に受け止めていますし、これからも忘れる事はないでしょう。

これには返信をしませんでした。何を言っても不毛だと思ったからです。

 

未払金が払われることはなく終了です。ただ、ちょっと反省の色は匂わせてきてゴミクズから成長してる。

なんなら最後まで悪い人でいて欲しかった。。。

消化不良で後味が悪いですがこの話は終わりです。

 

あとがき

最後まで読んでくれてありがとうございました!!

 

若干フェイクを入れたりしているので、多少の矛盾があるかもしれませんがあんまり気にしないでほしいです。

 

また、この会社を特定するような事はやめてください。

僕はもうこの人達と一切関わりたくないので、これが本人たちの目に入り面倒な事になるのは避けたいです。

 

もし、ニュージーランドで困ったことがあればNZdaisukiなどで知恵を借りながら諦めずに最後まで頑張ってください!

 

ではでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました