オーストラリアで口座開設するならNABがおすすめ

ワーホリ

ういーす、もりたけです。

 

ワーホリでオーストラリアに来る方は口座を開設する事になりますが、どの銀行を選べば良いのかわからないと思います。

今回はそんな方の為にオススメの銀行を紹介したいと思います。

銀行の種類

オーストラリアにはオンラインバンキング等も含めると何十種類もの銀行があります。

その中でも特に有名なのが下記の4つの銀行です。

コモンウェルス銀行
commonwealth
ナショナルオーストラリア銀行
NAB
ウエストパック銀行
Westpac
ANZ銀行
anz

この大手4社は「BIG4(ビッグ・フォー)」と称され、オーストラリアの全銀行の総資産額の75%を占めているらしいです。

なので、この4社のどれかを開設するのが基本です。

 

僕はANZとNABをオススメします。

 

ANZをオススメする理由

  • 日本人スタッフがいる。

僕が滞在していたシドニー、ケアンズの2都市には日本語の話せるスタッフが働いていました。

日本人が多い都市には日本語対応のスタッフが駐在しているようです。

 

  • ワーホリで来ている日本人の多くがANZを利用している。

ワーホリで来ている友達のほとんどがANZを利用していました。

アプリの使い方など、わからない事を友達に聞けるので利用者が多いというメリットがあります。

 

  • 口座維持費が12か月無料。

申請から12ヵ月は口座維持費(通常$5/月)が無料です。

25歳未満の方や毎月$2,000以上の入金があれば、12か月を過ぎた場合でも無料で利用できます。

 

NABをオススメする理由

  • ビッグ・フォーの中で一番金利がいい

僅かではありますが、他の3社に比べ金利がいいです。

オーストラリアの金利はとても高く、$10,000預けているだけで月に$10以上金利が付きます。

 

 

  • 口座維持費が無料

一年制限などがなく、ずっと無料です。

一時帰国で長くオーストラリアを離れる時に放置していても口座維持費がかからないので、そういう可能性のある方にオススメです。

 

  • トラベルカード

海外旅行で使えるトラベルカードが作れます。

ANZでも作れますが、こっちのカードは現地ATMで手数料を取られないのでお得です。

僕はこのカードの為に口座開設しました。

まとめ

NABで開設することを強くオススメします。

ANZのメリットは日本語で口座開設できることですが、口座開設する際の英語はたいして難しくありません。

英語が苦手な方でも、やってみれば案外できます。せっかくオーストラリアに来たのだから、英語をつかいましょう。

 

やっぱりもう一年いようとか、ニュージーランドや東南アジアを旅行してから帰ろうとか、一年後の予定は変わる可能性大です。

そんなときにまた口座を開設するのは面倒なので、最初にNABを開設しとけば二度手間にならなくて済みます。

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました