中国は1ヶ月12万円で旅できる!ルートと旅費を大公開。

世界一周

おいーす、もりたけです。

 

2018年の8月から9月にかけて中国を1ヶ月観光しました。

そのときのルートやかかった金額などをシェアします。

中国はとても広い国で見どころがたくさんあるのでルートを決めるのがなかなか難しので参考になれば幸いです。

 

ルート

世界一周の途中だったので韓国の仁川から平潭に入りウルムチからカザフスタンのアルマトイへ移動しました。

そして、ビザなしだと15日間しか滞在できないため、台湾へ一度入国しビザの期限を一旦リセットしました。

 

細かいルートはこんな感じです。

韓国の仁川⇨天津⇨北京⇨西安⇨福州⇨平潭⇨台北⇨台中⇨廈門⇨広州⇨成都⇨ウルムチ⇨カザフスタンのアルマトイ。

札幌から飛行機をを使わずにユーラシア大陸横断すると決めていたのでちょっと効率の悪いルートですがこのように回りました。飛行機を使わないという縛りをなくせば、台湾までは飛行機で行くといいかと思います。

 

日数はこんな感じです。

天津1泊、北京3泊、夜行列車で移動1泊、西安2泊、夜行列車で移動1泊、福州1泊、平潭1泊、台北5泊、台中から廈門へ船で1泊、廈門1泊、夜行列車1泊、広州1泊、夜行列車1泊、成都2泊、夜行列車2泊ウルムチ4泊。

かなりハードに移動していました。

 

このルートで行くと万里の長城がある北京、兵馬俑のある西安、親日の国台湾、火鍋で有名な成都、ウルグイ自治区のウルムチへ行く事ができます。

 

もし15日以内の観光や飛行機を使って一回中国を出るのであれば北京⇨西安⇨上海と中国の大都市3つを観光するのもいいかと思います。

 

旅費

 

かかった費用は台湾のも含めて30日間で約12万円かかりました。

物価が安いと言われているだけありかなり安く抑えることができました。

 

 

移動費で約5万円かかりました。内訳はこんな感じです。

天津から北京への新幹線、55元(約900円)

北京から西安までの夜行列車、157元(約2560円)

西安から福州までの夜行列車、217元(約3540円)

福州から平潭まで列車とバスを乗り継ぎ、50元(約815円)

平潭から台北までの船、600元(約9800円)

台北から廈門までの船、515元(約8405円)

廈門から広州への夜行列車、100元(約1630円)

広州から成都への夜行列車、550元(約9000円)

成都からウルムチへの夜行列車、632元(約10350円)

その他、駅から宿までの地下鉄や宿から観光地までの交通費、約200元(約3260円)

 

 

宿泊費は合計で約3万円かかりました。

宿泊費はなるべく安いドミトリーを選んだので割と抑えれた方だと思います。

中国で16泊して合計は972元(約15800円)でした。台湾では友達と合流しホテルにも泊まったので5泊で3600台湾ドル(約12900円)かかりました。

内訳はこんな感じです。

天津1泊、50元(約820円)

北京3泊、220元(約3600円)

西安2泊、90元(約1470円)

福州1泊、70元(約1140円)

平潭1泊、70元(約1140円)

台湾ホテル3泊、3000台湾ドル(約10700円)

台湾安宿2泊、600台湾ドル(約2200円)

廈門1泊、60元(約980円)

広州1泊、100元(約1640円)

成都2泊、72元(約1170円)

ウルムチ4泊、240元(約3910円)

 

僕が泊まった宿はこちらの記事で紹介してます。

中国泊まったホステルまとめ 天津、北京、西安、福州、平潭、廈門、広州、成都、ウルムチ
おいーす、もりたけです。 中国は一部の安宿は中国人しか受け付けていない場所がありテキトーにホステルを予約してしまうと現地で宿泊を拒否されることがあります。 外国人が泊まれることを確認してから予約しましょう。 boo...

 

宿代を安くしたい方はこちらもどうぞ

知らないと損!旅先の宿代を安くする裏技を公開!
おいーす、もりたけです。 世界一周をしてて思ったんですが、旅にかかる費用の25〜35%は宿代です。以外に多くないですか? そんな旅にはかかせない宿代を安くする裏技をご紹介します。 日本でも海外でも使える裏技で、4%...

 

 

 

食費ですがいちいち食べたものを記録していなかったので正確な金額はわかりませんが、中国では基本的に節約をしていて1日1000円以内に抑えていました。

なので中国では25日で2万円ほど。

1食の平均は20元くらいだと思います。

逆に台湾では割と奮発していたので食費は5日で1万円ほどかかりました。

合計で3万円です。

 

 

観光費はだいたい370元(約6000円)かかりました。

入場料のかかる観光地は万里の長城、北京動物園、兵馬俑、成都武侯祠、変面劇などに行きました。全て個人で行ったのでツアーで行くのと比べるとだいぶ抑えれたと思います。

内訳はこんな感じです。

万里の長城40元(約650円)

北京動物園20元(約320円)

兵馬俑150元(約2450円)

成都武侯祠60元(約980円)

変面劇100元(約1630円)

 

兵馬俑へ個人で行く方はこちらを参考にどうぞ↓

西安観光、兵馬俑へ個人での行き方
おいーす、もりたけです。 兵馬俑へツアーを使わずに行く方法を紹介します。 ツアーで行くと500元くらいするし自由に見て回れないので、個人で行くのがオススメです。 是非参考にしてみて下さい。 西安駅へ向かう...

 

 

その他の費用はだいたい5000円かかりました。

コインランドリー、SIMカード、食べ歩き、などです。

 

まとめ

上記の通り僕は中国を1ヶ月で12万円で旅することができました。

旅費の中には中国に入出国する料金が含まれていません。それを含めても14万円を切るのでかなり安く旅ができたのではないかと思ってます。

安く抑えれたポイントは

  • なるべく安いドミトリーを選ぶ。
  • 列車移動は遅くても安い列車を選ぶ。
  • 観光地はツアーではなく個人でいく。

この3つかと思います。

 

以上参考になれば幸いです。ではでは。

タイトルとURLをコピーしました