韓国の仁川から中国の天津までフェリーで移動

世界一周

おいーす、もりたけです。

 

 

韓国から中国までフェリーで移動しました。

 

飛行機を使ったほうが安く早いので、あまり使う人がいなく情報を探すのが大変でした。

この記事が参考になれば幸いです。

 

 

 

船の出発日時、料金

こちらのホームページらしきサイト(韓国語)に出発日時が書いてあります。

 

現地にいって出発時間など書いてある表を見つけたので、こちらを参考にしても大丈夫です。

仁川〜天津は火曜日発が昼の12時、金曜日発が夜の7時です

火曜日と金曜日しか運行してないのでご注意ください。

 

 

金額はこちらをどうぞ。

左は片道料金で、右が往復料金です。

学生証を提示すると20パーセント割引が効くので、学生は忘れずに伝えましょう。

学生で一番安いエコノミーを選択しても92000ウォン(約9000円)かかります。

飛行機の方が安い事の方が多々あります。

 

 

因みに、出航の1時間前までに乗船しなくてはいけません。

また、出航の1時間半前ぐらいまで中国人がとんでもない列を作って並んでいるので、ギリギリに行った方がスムーズに乗船できるかと思います。

 

※予定では26時間でしたが、遅れて30時間かかりました。

時間に余裕を持ってスケジュールをくんだ方がいいです。

当日北京に行く列車のチケットを買うのは避けたほうがいいかと。。。

 

仁川のフェリーターミナルまでの行き方

名前は第2国際旅客ターミナルです。

韓国語で제2국제여객터미널です。

ですが、グーグルマップでこの名前で検索しても出てきません。

국제여객선터미널と検索してあげましょう。

僕は地下鉄1号線に乗ってトンインチョン駅でおりてタクシーを使いました。

初乗り料金の3000ウォンでターミナルまでいけます。

1キロちょっとなので、歩いてもいける距離だとおもいます。

 

他の方法として、1号線の終点のインチョン駅まで行って乗り換えをし、ターミナル最寄りの国際ターミナル駅から歩く方法もあります。

仁川フェリーターミナル

看板に行き先が漢字で書いてあるのでわかりやすいです。

中に入って左に進むとチケット売り場があるのでそこで購入しました。

今回は当日購入で乗船できましたが、満席の可能性もあるかもしれません。

事前に電話で予約することをお勧めします。

電話番号は+8232-777-8260です。僕が電話をした時は英語で対応してくれました。

チケット売り場のすぐ近くに両替所があります。

レートはそこまで悪くないです。50000ウォンで301元でした。

実際のレートが50000ウォンで306元だったので、手数料は2%以下でした。

そして、天津のフェリーターミナルでは両替所が開いてなく、ATMは見当たらなかったのでここで両替することをお勧めします。

 

乗船前に出国スタンプを押すかと思ってましたが、ありませんでした。

パスポートチェックはありますが、スタンプは押されません。

船上

 

ベッド

僕はエコノミーの一番安いチケットで、上の写真のベッドタイプでした。

運が悪いと下の写真の方になります。

 

 

シャワー室

汚いだろうとは思っていたので、可もなく不可もなくといった感じ。

熱めのお湯がでました。

 

食事

こんな感じの食事が毎食フリーで食べれます。

美味しいとは言えませんが、タダなので文句は言わずに食べてました。

売店があるので、こういうのが食べれない人はインスタントヌードルを買いましょう。

 

トイレは最悪です。

写真はないですが、かなり臭く、汚いです。

トイレットペーパーはついてないので自分で用意する必要があります。

天津フェリーターミナルから街の中心部へ

天津港についてまず入国審査があります。

入国カードなどは無く、パスポートを見せればすぐにスタンプを押してもらえます。

 

街の中心部までは、

513番のバスに乗って市民広場?に行き9号線の地下鉄に乗って天津駅までいけます。

 

バス乗り場はターミナルを出てからまっすぐ進むと見つけれます。

見つけた時にちょうど出て行ってしまったのですが、その後30分で次のバスが来ました。

料金は2元です。おつりはないので船上で細かいお金に崩しておきましょう。

ターミナルから市民広場までは約1時間かかりました。

 

降りてから地下鉄までは徒歩7分くらいで行けます。

 

駅に着いたらチケットを買って天津駅へ。9元です。

こちらも1時間くらいかかります。

公共交通機関を使った場合、ターミナルから天津駅までどんなに早くても2時間はかかります。

船は容易に遅延するので時間に余裕のあるプラン組みをオススメします。

僕は船が遅延したため、夜の7時に天津駅に着きました。

 

因みに、僕はNo.2 ハイグアン フートン ユース ホステル 天津というホステルに泊まったので天津駅からさらに和平路駅まで移動しました。

中国のホステルは中国人以外は受け付けていない場所があるので気をつけてください。

予約サイトで外国人の口コミがあるホステルをオススメします。

最後に

正直わざわざ船で移動する必要はないかと思います。

僕は””日本からポルトガルまで飛行機を使わずに行く””というマイルールを作ってしまったので船を使いました。

特にこだわりが無い方は飛行機を使うと楽で早くていいと思います。

 

参考になれば幸いです。ではでは。

 

こちらも読んでみてください。

知らないと損!旅先の宿代を安くする裏技を公開!
おいーす、もりたけです。 世界一周をしてて思ったんですが、旅にかかる費用の25〜35%は宿代です。以外に多くないですか? そんな旅にはかかせない宿代を安くする裏技をご紹介します。 日本でも海外でも使える裏技で、4%...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました