世界一周の保険を0円に抑える方法。1年間70カ国を0円で済ませました!

世界一周

おいーす、もりたけです。

 

2018年5月から2019年4月にかけて世界一周をしました。

ほぼ一年間旅をして71カ国回ったのですが、かかった保険料は0円です。

無保険だったから0円だった訳ではありません。しっかり保険には入っていたのにも関わらず0円で済ませました。

そんな裏技みたいな方法を無料でご紹介します。

 

 

結論から言うと、クレジットカードの保険に入っていました。

 

クレジットカードの多くには海外保険のサービスがあり、それをうまく活用することによって保険料を0円に抑えることができます。

 

 

海外保険を0円にするためのクレジットカード

まずは海外保険を0円にするためのクレジットカードを紹介します。

どんなクレカでも良いわけではなく、特定の種類のクレカが複数必要になります。

 

日本出国から90日カバーしてくれるカード、1枚以上必要

クレジットカードのほとんどに海外旅行保険がついています。そしてほとんどのカードが90日間カバーしているので、このために新しくクレカをつくる必要はないかと思います。

 

もし、1枚もクレカを持っていなかったり、持っているクレカが海外旅行保険に対応しているかどうかわからなければ【エポスカード】がオススメです。

このカードは持っているだけで出国してから90日間の海外旅行保険がつきます。

年会費無料です!一度も使用しなくて大丈夫です!

さらに、病気や怪我の治療費が最大200万円で他の年会費無料のカードに比べて手当が厚いです。



 

海外滞在中に使うことで90日間カバーしてくれるカード、3枚以上必要

海外滞在中に航空券やタクシーなどの移動費を支払うことで、使った日から保険が発生するカードが3枚以上必要です。

ポイントは使った日から保険が発生するということです。

 

年会費無料でこの条件に合うカードを4つ紹介します。

三井住友VISAカード

三井住友トラスト・カード

JCB CARD ワイド

リクルートカード

※三井住友VISAカードは条件付(1年に最低1回の使用)で年会費無料です。

 

申請して損はしないので、持っていないカードは申請しておきましょう。

クレカの保険は補償額が少なめですが、怪我や病気においては複数のカードの補償額の合計金額が補償額となるので、多ければ多いほど良いです。VISAとmasterの両方もっていれば別物のカードとして使えるので作れるだけ作っておいた方がいいかも。

クレジットカードの活用方法

”日本出国から90日カバーしてくれるカード”1枚以上、”海外滞在中に使うことで90日間カバーしてくれるカード”3枚以上必要用意できましたか?

これらを使って世界一周1年間の保険を0円にできます。

ただし、使い方を間違えると保険適用外になってしまうのでしっかりと説明していきます。

 

まず、”日本出国から90日間カバーしてくれるカード”で、最初の3ヶ月の保険に入ります。

 

そして、出国してから90日ごとに”海外滞在中に使うことで90日間カバーしてくれるカード”を使います。

 

例を挙げると、【エポスカード】の保険で最初の3ヶ月を過ごし、三井住友VISAカードの保険で4ヶ月目〜6ヶ月目を過ごし、三井住友トラスト・カードの保険で7ヶ月目から9ヶ月目を過ごし、JCB CARD ワイドの保険で10ヶ月目から12ヶ月目を過ごします。

たったこれだけです。

 

たったこれだけですが注意点があります。

注意点①

日本出国から90日間カバーしてくれるカードで保険をカバーする場合、日本で旅行のための交通費として使わないと適用されないものもあるので必ずチェックしてください。ちなみに、楽天カードは日本で使わないと適用されません。

注意点②

”海外滞在中に使うことで90日間カバーしてくれるカード”で保険をカバーする場合、このときの使用は交通費に限ります。なのでタクシーや地下鉄、バスの支払いにこれらのカードを使ってください。食事などはNGです。

注意点③

”海外滞在中に使うことで90日間カバーしてくれるカード”は日本出国から1度しか効果を発揮しません。つまり、4〜6ヶ月目、7〜9ヶ月目、10〜12ヶ月目はそれぞれ別のカードを使う必要があります。日本に帰国すればまた使えます。

注意点④

”海外滞在中に使うことで90日間カバーしてくれるカード”は使ったら自動的に効果が発揮されてしまいます。意図せずとも使ってしまった場合(交通費として)は効果が発揮されるので、しっかりと管理しなくてはいけません。

 

クレカ保険は補償額が少ないけど何か?

正直、クレジットカードの補償額は少ないです。エポスカードでも怪我の時の保険は最大で200万円で三井住友VISAカードなどのカードは最大100万円です。

アメリカなどで交通事故にあったら補償額の範囲内には収まらないと思います。

 

ではどうすれば良いかというと、

  • 諦める
  • クレカをたくさん作る

という選択肢があります。

※0円にこだわっているので保険会社の保険は紹介しません。

諦める

僕はこの方法を選びました。交通事故にあったら仕方ないけど補償額以上は自腹で払おうと決めてました。

そもそも、保険とはギャンブルだと思っています。

事故や病気になる事に事前にベットして、事故が起こればキャッシュバック、病気になればキャッシュバック。何もなければベット額は没収です。うん、ギャンブルですね。

そもそも、大きな事故や病気になる確率はとても低いです。今まで生きてきて大きな事故や病気になった事ありますか?僕はありません。

そんな確率の低い事にベットはしたくないので僕はしなかったです。

 

しかし、ちょっとした怪我や風邪をひく事は大いにありうるので、無料で入れるクレカの保険を利用しました。

 

クレカをたくさん作る

クレカをたくさん作れば補償額をあげる事ができます。

例を挙げると、4〜6ヶ月目の保険として三井住友VISAカードとJCB CARDワイドを使えば怪我や病気の補償額が合算値の最大200万円までになります。もっと足せばもっと増えます。

クレカの枚数が多すぎると管理が大変なので僕はやりませんでしたが、僕の友人は世界一周のためだけにクレカを7枚作ってました。

まとめ

クレカを賢く利用する事で保険料を0円に抑えることができます。

補償額は少ないですが、ないよりマシということでご紹介しました。

最後にもう1度だけオススメのカードを紹介します。

【エポスカード】

三井住友VISAカード

三井住友トラスト・カード

JCB CARD ワイド

リクルートカード

これらのカードをうまく活用して保険代を0円にしちゃってください。

 

以上参考になれば幸いです。ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました