【オーストラリア】滞在先としてケアンズをオススメする理由4つ【ワーホリ】

ワーホリ

おいーす、もりたけです。

 

僕はオーストラリアに1年ほどワーホリで滞在していたのですが、半分はシドニー、半分はケアンズにいました。

他にも観光でブリズベン、メルボルン、タスマニア、アリススプリングスと色々回りましたが、ケアンズを滞在先としてオススメします。

 

ケアンズを滞在先としてオススメする理由を4つ紹介します。

  • レントが安い
  • 年中暖かい
  • 仕事が多い
  • 観光地が多い

順に説明して行きます。

 

レントが安い

他の都市と比べてダントツにレント代が安いです。

シドニーやメルボルンなどの大都市の場合だとシェアルームでも1週間で130ドルとかはザラですが、ケアンズだとシェアルームの場合は1週間で60ドルからあります。

プライベートルームの場合はシドニーの場合は170ドルからで、ケアンズの場合は100ドルからです。

1週間で70ドル(約5600円)の差があれば、半年で910ドル(約73200円)の差になります。

日本に帰る飛行機代分は余裕でペイできます。

 

これだけでも十分ケアンズに滞在するメリットがありますね。

年中暖かい

オーストラリアをワーホリとして選ぶ人の中には暖かい気候が好きだからという人がいるかと思います。

そんな人はケアンズを選んでガッカリすることはないでしょう。ケアンズは常夏の都市なのでいつ行っても半袖で過ごせます。

他の都市に行くと冬の時期には気温が1桁になるので寒いです。もちろんカナダのバンクーバーやニュージーランドのクライストチャーチよりは暖かいですが。。。

 

寒いのが苦手な人は冬の期間(6月〜8月)だけでもケアンズに行って見てはいかがでしょうか。

仕事が多い

ケアンズは都市の大きさの割には、ワーホリビザでも仕事が用意に見つけれます。

ケアンズで就ける仕事はこんなものがあります。

  • レストラン
  • お土産物屋
  • マッサージ店
  • バナナファーム
  • 旅行会社
  • ホテル
  • 工場

 

仕事が見つからずに帰国することになった。。。なんてことには滅多にありません。

むしろ、給料は他の都市と同水準でもらえて物価は安めなので貯金がめっちゃできます。

 

英語をほとんど使わない仕事も多いので英語力がなくても比較的簡単に仕事を見つけれます。

旅行会社はあまりオススメできませんが。。。

【オーストラリア・ワーホリ】旅行会社で働いたらブラックだった話。
おいーす、もりたけです。 今回は僕がブラック企業で働いた話をしようと思います。 仕事探しから辞めるまでを書きます。 具体的な会社名を出していいか分からないので、出さないで起きますが、基本的にオーストラリアで日本語で...

 

 

観光地が多い

実は、ケアンズは海と山の世界遺産に囲まれた都市なんです。

海に行けば、ミコマスケイやフィッツロイ島、グリーン島、などの島に行きグレートバリアリーフを体感できます。

そして、山に行けば熱帯雨林のキュランダやアサートン高原で大自然を満喫できます。

他にも、タリー川のラフティングやスカイダイビング、熱気球などのアクティビティもあり、観光するのに持ってこいの都市なんです。

 

どんなツアーがあるか知りたい方はこちらを参考にして見てください。

<世界80都市>日本語ガイドの海外ツアーならタビナカ

 

このため、世界中各地から多くの観光客が訪れます。日本人だけでも毎年何万人も訪れるみたいです。

そんなケアンズで暮らす事が出来れば、土日の休みで気軽に日帰りプチ旅行ができちゃいます。

 

 

 

以上、滞在先としてケアンズをオススメする4つの理由でした!

 

残念ながらオススメできないポイントもあるので紹介しておきます。

 

それは、日本人が多いことです。日本人が多いイコール悪いという事ではないですが、英語を勉強しにきた人にとってケアンズは誘惑が多いです。

なので、英語を勉強しにワーホリをするのであればケアンズは避けた方がいいです。

逆に、英語できないけどワーホリを楽しみたい人はケアンズは最高の都市です。

 

以上参考になれば幸いです。ではでは。

 

こちらの記事もオススメです。

【知らないと大損】ワーホリの保険費用を格安・無料に抑える方法
おいーす、もりたけです。 韓国、ニュージーランド、オーストラリアの3ヶ国にワーホリに行きました。 当時の僕はワーホリに行く前に日本で保険会社と契約して、多額の金額を払い保険に入っていました。 韓国の時は約15万円。...
ローカルジョブをゲットするのに必要な語学力はどれくらい?【オーストラリア・ワーホリ】
おいーす、もりたけです。 オーストラリアにワーホリで2017年6月から2018年5月まで滞在していました。 ワーホリに行く人にとってローカルジョブを手に入れるのは一つの目標だと思います。 そんなローカルジョ...

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました