【オーストラリア・ワーホリ】シェアハウスを選ぶ時に気をつける事。

ワーホリ

おいーす、もりたけです。

 

オーストラリアにワーホリで2017年6月から2018年5月まで滞在していました。

シドニーに半年、ケアンズに5ヶ月住んでいたのですが、11ヶ月で5件のシェアハウスに移動しました。

そんな僕がシェアハウスを選ぶ時に気をつける事をご紹介します。

参考にしてみてください。

 

シェアハウスを選ぶ時は以下の6つが重要です。

  • 価格
  • 部屋の種類
  • 立地
  • 住民
  • 設備
  • ミニマムステイ

これらを総合的にみて判断することが重要です。

順に説明していきます。

 

価格

まずは何と言っても価格が重要ですよね。

もちろん安いほうがいいです。

僕が滞在していた頃はジャムズなどの日本人掲示板で検索すると、シドニーの最安値はドミトリー(相)部屋で$130からでした。ケアンズは相部屋で$80からありました。

個室の場合、シドニーでは$170。ケアンズでは$130でありました。

 

とは言っても過去の価格はあまり参考になりません。

オーストラリアは年々地価が上昇しているので家賃も高くなっているからです。

検索した時にある物件の中から同じクオリティで安いものを探しましょう!

 

部屋の種類

主に、一人部屋(オウンルーム)か相部屋(ルームシェア)かでざっくり分かれます。

 

オウンルームのメリットはプライベートな空間があるので心の底から休む事ができる事です。

そして、オウンルームの場合は机と椅子も支給される事が多いので勉強もできます。

デメリットは値段が高い事くらいです。

 

ルームシェアのメリットはシェアする人とすぐに仲良くなれる事です。ワーホリは人脈が命なのですぐに友人ができるのは大きなメリットです。

デメリットはプライベートな空間が全くない事です。

そして、基本的に汚いです。もちろんシェアする人によって変わりますが。。。

 

立地

僕は部屋を決める上で立地を一番重要視していました。

最寄駅まで歩いてどれくらいか、近くにスーパーはあるか、なども重要ですが

職場に近い場所が一番です。

歩いていける距離に職場があれば毎日の交通費と時間を減らす事ができます。

 

オーストラリアは比較的安全なので住んではいけないエリアは特にありません。

ちょっと危ないエリアもありますが、そんなに気にしなくて大丈夫かと思います。

住民

オウンルームでもそうですが、ルームシェアの場合は特に一緒に住む人が重要です。

 

何人がその家に住むのかを確認しましょう。

人数が多すぎるとトイレ、シャワーが混んで使えない事があります。

 

もし、英語を勉強したいのであれば日本人が全くいない環境に身を置くのが良いと思います。とは言っても、いきなりヨーロピアン達とシェアハウスで暮らすと文化の違いでストレスが溜まるので、アジアの人と一緒に住むのがオススメです。

例えば、韓国、中国、インドネシアの国の人はワーホリで結構きているのでそういう人が多いシェアハウスは探せばたくさんあります。

 

後から入ってくる人は選べませんが、せめて入る時に危なそうな人がいないか確認しましょう。

仕事をせずに家にずっといる人は危ない可能性が高いです。

できればオーナーにどんな人が住んでいるか聞くといいです。

設備

これらの設備が重要かと思います。

共有エリアで確認したい事

洗濯機、乾燥機、電子レンジ、冷蔵庫、冷凍庫、料理道具(包丁やフライパン、皿など)

リビングスペースの快適さ、ホットシャワー、暖房、WIFIなど

オーストラリアで生活をする上で自炊は欠かせないと思います。自分専用の冷蔵庫のスペースはあるか、フライパンはボロボロになっていないか等は要チェックです。

 

寝室で確認したい事

窓、かけ布団、暖房、クローゼット、ベッド、机、椅子、ロッカーなど

窓の有無はめちゃくちゃ重要です。たまに元々倉庫だった場所を部屋として貸し出している場合があり、そういう所には窓がないです。窓がないと匂いがこもったり部屋の環境が圧倒的に悪くなるので気をつけてください。

そして、ロッカーも重要です。たまにシェアハウス内で盗難が発生するので、貴重品をしまえる場所は必須です。

 

これらはインスペクション(下見)の際に確認できるのでチェックしてみてください。

ミニマムステイ

入居してから最低これだけは住まないといけない期間があります。

短ければ短い方がいいのですが、大抵の場合は1ヶ月です。3ヶ月や半年の物件は避けましょう。

ミニマムステイを守らないとデポジットが返ってきません。

 

そして、ミニマムステイとは別に退去のどれくらい前に伝える必要があるかも確認しましょう。

大抵の場合は2週間前に言えばデポジットは返ってきますが、1ヶ月前に伝えないとデポジットが戻ってこない所があります。

 

まとめ

新しくシェアハウスを探す時は、価格・立地・部屋の種類を募集している時点で確認して、良さげな場所があればメッセージを送ってインスペクション(下見)をしましょう。

そしてインスペクションの際に、住民の人数と質・設備・ミニマムステイなどの契約に関することを確認しましょう。

基本的に即決はせずに色々な物件を見た後に決めるのがいいかと思います。

 

以上参考になれば幸いです。ではでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました