ローカルジョブをゲットするのに必要な語学力はどれくらい?【オーストラリア・ワーホリ】

ワーホリ

おいーす、もりたけです。

 

オーストラリアにワーホリで2017年6月から2018年5月まで滞在していました。

 

ワーホリに行く人にとってローカルジョブを手に入れるのは一つの目標だと思います。

そんなローカルジョブで働くために必要な語学力についてシェアします。

参考にしてみてください。

 

結論から言うと、職種によって必要な語学力は変わってきます。

職種によっては語学力よりもスキル(経験)の方が重要で、英語があまり話せなくてもスキルがあればローカルで働けます。

 

なので職種別に必要な語学力をご紹介します。

 

主にワーホリの方がつく(つける)仕事は以下の6種類だと思います。

  • レストラン・カフェ
  • スーパーマーケット
  • ホテル
  • 工場
  • ファーム
  • 工事現場

 

順に説明していきます。

 

レストラン・カフェ

ポジションによって必要な語学力が違います。

 

キッチンハンドとして働く場合はそんなに高い語学力は求められません。同僚の言ってることが何となくわかるレベルでも採用されます。むしろペラペラに喋れたとしても料理未経験の場合は採用されません。

 

カフェのバリスタやレストランのウェイターとして働く場合は中級以上の語学力が求められます。お客さんの言ってることがわかるのは大前提で、コーヒーや料理の説明ができるレベルが必要です。

ただ、面接時に料理の説明ができる必要はなく、日常会話がスムーズにできれば採用される可能性は大です。

スーパーマーケット

高い語学力は必要ありません。

ボスの命令が聞き取れれば働けるので、スピーキングは苦手だけどリスニングならできるという人でも採用されます。仕事内容も商品の棚卸しやレジ係などの楽な内容が多く、未経験の人でも働けるのでオススメです。

ホテル

ポジションによって必要な語学力が違います。

ベッドメイキングの場合はほぼ喋れなくても働けます。しかし、給料が半時給制で清掃した部屋の分しか払われないホテルがほとんどです。一部屋掃除したら$20みたいな感じなのですが、初心者は一部屋終えるのに2時間以上かかることもあり、時給換算すると最低賃金を大きく下回るのでオススメできません。

 

レセプションの場合は上級レベルの語学力が求められます。ホテルのランクにもよりますが、高級ホテルの場合は当然お客の質も高いので求められる能力が高くなります。そして、語学力だけでなくホテル業界で働いた経験がないと採用されるのは厳しいです。

 

キッチンハンドの場合はレストランの時と同様に高い語学力は求められません。ひたすら皿洗いをしたり、ひたすら野菜を切るだけのポジションもあるので、レストランよりも経験が浅くても採用されやすいのが特徴です。

工場・ファーム

語学力はほぼ必要ありません。

最初の仕事を覚える際にボスの指示を聞き取らないといけませんが、仕事内容を覚えた後はルーティン作業なので語学力は必要ないです。

ただ、全くできないと最初の仕事を覚える際にボスに嫌われて速攻でクビになる可能性があるので注意してください。

工事現場

中級以上の語学力が求められます。

そもそも、オーストラリアで工事現場で働く場合はホワイトカードという資格をとる必要があるのですが、この資格を取るのに中級レベルの語学力が必要です。

ホワイトカードをとってしまえば語学力はあまり入りません。ただ、基本的にハードな肉体労働なので華奢な人は採用されづらい傾向にあるみたいです。

 

まとめ

ローカルジョブをゲットするには語学力かスキルが必要です。

案外、英語力がなくてもスキルがあれば働けるので、英語が苦手な方はスキルを身につけるのもアリかと思います。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

”良い仕事”の探し方をご紹介します!【オーストラリア・ワーホリ】
おいーす、もりたけです。 オーストラリアにワーホリで2017年6月から2018年5月まで滞在していました。 ほぼ一年間の間に、日本食レストラン、工場、ファーム、ウーバーイーツの配達員、旅行会社などで働いてました。 ...
【知らないと大損】ワーホリの保険費用を格安・無料に抑える方法
おいーす、もりたけです。 韓国、ニュージーランド、オーストラリアの3ヶ国にワーホリに行きました。 当時の僕はワーホリに行く前に日本で保険会社と契約して、多額の金額を払い保険に入っていました。 韓国の時は約15万円。...

 

 

以上参考になれば幸いです。ではでは。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました