サンパウロからリオデジャネイロへバスでの移動方法。

世界一周

おいーす、もりたけです。

 

サンパウロからリオデジャネイロまでバスで移動しました。

情報をシェアします。参考にしてみてください。

 

2019年3月の情報です。

レート:1リアル約28円

 

バスステーションへ

リオ行きのバスステーションはここです。

チエテバスステーションという場所で、メトロの1号戦チエテ駅から歩いてすぐの場所にあります。

このバスステーションは大きめで、ターミナルないで迷う可能性があるので時間に余裕をもって移動をオススメします。

 

リオデジャネイロ行きのバスカウンターは2階にありました。

いくつかの会社がまとまっているので価格を比べるのが楽です。

また、各カウンターの前に電光掲示板で出発時間が表示されているので分かりやすいです。

 

バス会社選び

リオ行きのバス会社は4社ほどあるのですが、価格・所要時間・設備はどこの会社も大差ありません。

価格

だいたい100〜130リアル(2800〜3700円)で購入できます。

※同じバス会社でも出発時間によって価格が変動し、出発時間が朝の10時ごろと夕方の16時ごろに価格が少し安くなります。

 

所要時間・出発時間

会社によって差がなくどこを利用しても6〜7時間ほどかかります。

始発は6時で最終バスは深夜2時台の便もあります。

朝の9時から夕方6時まではバス会社を選ばなければ30分おきにでているので事前にチケットを購入する必要はないかと思います。

価格の欄にも書きましたが、10時ごろと16時ごろは他の時間帯と比べて安いのでオススメです。

 

設備

どのバス会社にもトイレ・WIFI・USBプラグがついています。

会社によっては夜行バスでリクライニングが160度倒せる席もありますが、その場合は価格がグンと高くなります。

 

特にこだわりがなければどのバス会社を利用してもいいかと思います。

 

当日の流れ

泊まっていたホステルからバスターミナルへ向かいました。

サンパウロに夕方ごろにつければいいかなと考えていたのでバスターミナルに12:00前に到着し、12時出発のチケットを購入しました。

※チケットは出発の5分前ギリギリまで売られています。ギリギリに購入した場合は乗り場まで急ぎましょう。

 

価格は115リアル(約3200円)でした。

バス会社はEXPRESSO BRASILEIROという緑の看板の会社です。

 

乗り場は一階にあります。チケットを購入した時に何番プラットフォームか教えてくれるのでそこに行けば大丈夫です。

係員にチケットを見せて荷物を預け、バスに乗り込みました。

 

バスはこんな感じ。

 

10分遅れの12:10に出発しました。

 

トイレ休憩などは一切なく19時にリオに到着しました。

到着場所はここです。

 

リオデジャネイロは危険な都市だと聞いていたので、タクシーを利用して宿に向かいました。

到着が19時であたりがすでに暗くなっていたので、歩くのはあまりにも危険でした。

昼間だろうと、大きな荷物を持って歩くのはオススメしません。安全の為にタクシーをオススメします。

 

僕はセントラルホステルという宿に泊まりました。

1泊30リアル(900円)と破格の安さで、立地が最高なのでオススメです。

 

僕は2019年のカーニバルの時期に滞在してましたが、カーニバルの3ヶ月前に予約したので通常の時期の値段で泊まることができました。

カーニバル料金は1泊150リアル(約4200円)と、かなり高額でした。

カーニバル時期に滞在する場合は早めの予約をオススメします。

 

予約はこちらからどうぞ

海外ホテル検索、Booking.com

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

 

 

以上参考になれば幸いです。ではでは。

タイトルとURLをコピーしました