リマからクスコへのバス移動方法。コスパ最強のバス会社はどこ?

世界一周

おいーす、もりたけです。

 

ペルーのリマからクスコへバスで移動しました。

コスパが良さそうなMovil busという会社を利用したのですが、正直あまりオススメできません。

移動の流れとオススメのバス会社を紹介します。

 

2019年2月の情報です。

レート:1ソル約33円

どのバス会社を使う?

ペルーのリマからクスコへは7社以上のバス会社が運行しています。

価格は80ソル〜185ソルとバスのクオリティによって差が大きいです。

 

リマには複数のバス会社が集まるバスターミナルがありません!!

つまり、値段などを比較するのが面倒です。

 

 

そこでオススメなのがred busという検索サイトです。このサイトで7社を比較する事ができます。

比較内容は価格、乗り降り場、バスのクオリティ、などです。

因みに、以下の7社がred busで検索して出てきます。

  • Tepsa
  • Transportes Cromotex
  • Oltursa
  • Excluciva
  • Civa
  • Movil Bus
  • Wari Palomino

日本人に有名で評判がいいCruz del Surというバス会社はこの検索には引っかかりません。価格は185ソルと高めですがCruz del Surを利用したければこちらの公式ページからどうぞ。

 

僕はコスパが良さそなMovil busにしました。

日本人に人気?のCiva busと迷いましたが、Movil busの方が評価が高かったのでこちらにしました。

Movil busに乗った記事はあまりないので参考になるかと思います。

 

Movil busで移動

Movie busでのチケット購入から移動の流れまでをご紹介します。

他のバス会社でも流れは似ていると思うので参考にしてみてください。

チケット購入

リマ〜クスコは人気路線でローカルの方もよく使います。

当日券では購入できない可能性があるので前日までの購入をオススメします。

 

ネットで購入してe-ticketとして提示すればそのまま乗車できるみたいですが、変なトラブルがあると面倒なのでターミナルに行って購入しました。

 

価格は110ソル(約3680円)でした。

ターミナルは二つあるのですが、僕はここを利用しました。

 

泊まっていたinkakusiという場所から徒歩で15分ほどです。

 

外観はこんな感じです。

 

中に入り2階に一般人用のカウンターがあります。

1階にもカウンターがありますが足の不自由な人やお年寄りの為のカウンターです。

 

1時半頃に行ったのですがとても混んでいました。

2時以降に行くと比較的空いてるはずなので2時以降に行く事をオススメします。

 

スタッフは英語ができませんが、カタコトのスペイン語で購入できます。

行き先と日付を伝えれば問題ないかと思います。チケットの購入にはパスポートが必要なので忘れないようにしてください。

 

当日の流れ

昼の2時に出発なのでターミナルに1時半につくように向かいました。

ついてまず荷物を先に預けれるので預けてしまいました。

2時まで時間を潰して乗り込みます。

 

1時50分くらいになったらスタッフにチケットを見せてバスに乗れるか聞いた方がいいです。

僕はバスに乗り遅れタクシーで別のターミナルまで行く羽目になりました。

南米にしては時間に正確なので要注意です。

 

別のターミナルの出発時間は2時半ですが、2時半頃について2時45分に出発しました。

 

バスはこんな感じです。

予約時はwifiありと表記されてましたがありませんでした。

usbプラグはありました。

 

トイレはついているので休憩なしでどんどん進んで行きます。

7時45分にイカという町に止まり他の乗客が乗り込んできました。

 

そして8時過ぎに夕食が配られます。お茶も一緒に配られます。

 

夜の10時半にまた別の客が乗り込んできます。この時点でバスは満席になりました。

 

夜中の12時頃から標高が高くなってきます。高山病が心配でしたが、問題ないと判断して寝ました。薬などは服用してませんが問題なかったです。

おそらく水をこまめに飲んでいたのが功を奏しました。

 

因みに、12時頃からヒーターをガンガン炊くのでとても暑かったです。

 

朝8時前にトイレ休憩がありました。

そして8時半に朝食。この時もお茶が配られました。

 

12時半にクスコへ到着しました。予定より1時間遅れての到着です。

到着場所はここです。

 

ここから宿まで観光を兼ねて1時間歩きました。

ローカルバスを使うとセンターまで0.8ソルでいけるのでバスを使うのがいいと思います。

 

感想

バスの座席が快適だったり、ブランケットがついていたのは嬉しかったですが、wifiが使えなかったのが不満です。

どうやらその日のバス次第でwifiがついてたりついてなかったりするみたいです。

 

また、バス内の温度調整が微妙だったのも不満でした。

 

食事は期待していなかったので可も不可もないです。

 

オススメはできません。

 

コスパ最強のバスはどこ?

僕がバスを選ぶ上で重要だと思うのは、価格、wifiの有無、食事の有無の3つです。

 

これらを考慮した上でどのバス会社がいいかというと、以下の2社をオススメします。

・Oltursa

・Civa

 

Oltursa

 

Oltursaは食事とwifiがつき価格は119ソルです。

僕が利用したMovil busと日本人に人気?のCivaは食事とwifi込で110ソルと表記してありますが、実際にはwifiがない事があります。

レビューを読んでみたのですが、Movil busとCivaはレビューにしっかりとwifiが使えないと書いてました。

しかし、Oltursaにはwifiが使えないというレビューはありませんでした。

つまり、wifiと食事がつく最安のバスはここです。

 

が、このバスはusbプラグがついてない事があるみたいです。さらに出発地があまり良くない気がします(ホステルから遠いかも)。

 

usbプラグがなくても大丈夫で、ホステルから出発地が近い場合はこのバスがコスパ最強です。

Civa

Civaは2種類のクオリティのバスを出していますが、安い方をオススメします。

 

安い方は80ソルで移動できリマ〜クスコを移動するのに最安の方法です。

南米のバスは安かろう悪かろうです。

 

食事もつかなければ、wifiも当然ありません。

が、もともとないとわかっていれば準備をすればいいだけです。

食事はパンやスナックを事前に購入し、ネットが使いたいのであればsimカードを買えばすみます。

バスで出てくる食事は質素なものが多いので、10ソルで代用できるかと思います。

simカードも1200mbを10ソルで購入できます。

つまり、合計100ソルで食事込み、ネットが使えるという環境を生み出せます。

さらに、出発地がいい場所にある気がします。

 

唯一の残念なところは座席のクオリティが良くない事です。

それを我慢できるのであればこのバスがコスパ最強です。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました