【Declare a Read-Only Variable with the const Keyword】フリーコードキャンプを日本語で解説!

フリーコードキャンプ

おいーす、もりたけです。

フリーコードキャンプを日本語で解説!の第112弾です。

JavaScript Algorithms and Data Structures Certification (300 hours)の中の、

Introduction to the ES6 Challengesの中の、

Declare a Read-Only Variable with the const Keyword

です。

さっそく見ていきましょう。

まずは本文から。

The keyword let is not the only new way to declare variables. In ES6, you can also declare variables using the const keyword.

const has all the awesome features that let has, with the added bonus that variables declared using const are read-only. They are a constant value, which means that once a variable is assigned with const, it cannot be reassigned.

“use strict”;
const FAV_PET = “Cats”;
FAV_PET = “Dogs”; // returns error

As you can see, trying to reassign a variable declared with const will throw an error. You should always name variables you don’t want to reassign using the const keyword. This helps when you accidentally attempt to reassign a variable that is meant to stay constant. A common practice when naming constants is to use all uppercase letters, with words separated by an underscore.

Note: It is common for developers to use uppercase variable identifiers for immutable values and lowercase or camelCase for mutable values (objects and arrays). In a later challenge you will see an example of a lowercase variable identifier being used for an array.

 


Change the code so that all variables are declared using let or const. Use let when you want the variable to change, and const when you want the variable to remain constant. Also, rename variables declared with const to conform to common practices, meaning constants should be in all caps.


 

解説していきます。

今回は変数を宣言する新たなワード、constについてです。

ES6からはletだけでなくconstというものを使って新たに変数を宣言できるようになりました。

constはletとが持つすべての機能もち、さらに再割り当てできないという機能ももっています。

“use strict”;
const FAV_PET = “Cats”;
FAV_PET = “Dogs”; // returns error
上記のようにconstで宣言された変数は再割り当てしようとするとエラーがでます。
なので、constは変数の中身を変えたくないときに使われます。
この例のように、不変の変数名は大文字でかかれ、単語のくぎりはアンダースコアが一般に使われます。
では課題を見てみましょう。
全ての変数がletかconstで宣言されるようにしろ。
また、その変数が変更する場合はletを使い、変更することがない場合はconstを使え。
constで宣言した変数名は大文字に変更しろ。という課題です。
変数sentenceは変わることがないので、constを使って宣言してあげ、iはforループで使われているので毎回値が変わるのでletを使って宣言してあげます。constで宣言したsentenceを大文字にしてあげれば答えです。
答えはこうです。
function printManyTimes(str) {
  “use strict”;
  // change code below this line
  const SENTENCE = str + ” is cool!”;
  for (let i = 0; i < str.length; i+=2) {
    console.log(SENTENCE);
  }
  // change code above this line
}
printManyTimes(“freeCodeCamp”);

という事で今回はconstについて学びました。

では次回!

タイトルとURLをコピーしました