【Comparison with the Greater Than Operator】フリーコードキャンプを日本語で解説!

フリーコードキャンプ

おいーす、もりたけです。

フリーコードキャンプを日本語で解説!の第61弾です。

JavaScript Algorithms and Data Structures Certification (300 hours)の中の、

Basic JavaScriptの中の、

Comparison with the Greater Than Operator

です。

さっそく見ていきましょう。

まずは本文から。

The greater than operator (>) compares the values of two numbers. If the number to the left is greater than the number to the right, it returns true. Otherwise, it returns false.

Like the equality operator, greater than operator will convert data types of values while comparing.Examples

5   >  3   // true
7   > ‘3’  // true
2   >  3   // false
‘1’ >  9   // false

Add the greater than operator to the indicated lines so that the return statements make sense.


 

解説していきます。

今回は比較演算子のひとつ、大なり(>)についてです。

>は左辺と右辺を比べて、左辺の方が小さければtrueを返し、右辺の方が大きければfalseを返します。

例を見てみましょう。

5   >  3   // true
7   > ‘3’  // true
2   >  3   // false
‘1’ >  9   // false
中学生の時に習った数学と同じです!
では課題をみていきます。
>を使って返ってくる文字列が正しいくなるようにしろ。という課題です。
valの値が100よりも大きいとと”Over 100″
valの値が10よりも大きいと”Over 10″
valの値が10以下だと”10 or Under”
と返ってくればOKです。
if文の条件チェックの箇所でval > 100 , val > 10 と書いてあげれば良さそうですね。
答えはこうです。
function testGreaterThan(val) {
  if (val > 100) {  // Change this line
    return “Over 100”;
  }
  if (val > 10) {  // Change this line
    return “Over 10”;
  }
  return “10 or Under”;
}
// Change this value to test
testGreaterThan(10);
という事で今回は>について学びました。
では次回!
タイトルとURLをコピーしました